医療脱毛info@横浜

横浜で医療脱毛をしたい方々へ

横浜で医療脱毛しよう!医療脱毛で使える麻酔の種類や痛みの軽減方法とは

横浜駅周辺は、多くの脱毛店が密集している激戦区となっています。ムダ毛に悩んでいる人は、お店の前を通ったり、脱毛のCMや広告を見たりすると「やってみたいな」と感じることもあるでしょう。ただ、脱毛をする時に気をつけなければならないのが、痛みの問題です。

脱毛施術をする時、痛みが我慢できない場合は麻酔を使用する必要が出てきます。今回は、医療脱毛で使える麻酔の種類や痛みの軽減方法について紹介しましょう。

医療脱毛は痛みが強い

医療レーザー脱毛では、黒い色素に反応するレーザーを使い、発毛組織にダメージを与えていきます。レーザーを照射すると、毛根の温度が一気に200度に達します。この熱が発生した時に、輪ゴムでパチッと弾かれたような痛みを感じることがあるのです。

脱毛は、大きく分けると医療脱毛と脱毛サロンがあります。医療脱毛は、脱毛サロンでおこなうものよりも高出力のレーザーを使用するので、痛みを感じやすい傾向があります。しかし、医療脱毛のレーザーは発毛組織を破壊するほどのパワーがあり、「永久脱毛」と呼べるほどの効果を得ることができるでしょう。

施術する際は注意!?痛みを感じやすい部位とは

実は、脱毛は部位によって痛みに差があります。例えば皮膚が薄い部位は、刺激に敏感で、痛みが強くなりやすいです。また、毛が密集している部位も、メラニン色素が多く、レーザーが強く反応してしまうため、痛みも大きくなります。

医療脱毛で痛みを感じやすい部位は、VIO、脇、顔などです。VIOは、身体のどの部位よりも皮膚が薄いだけでなく、太くて濃い毛がたくさん生えています。脇もVIOと同様、皮膚が薄く、多くの毛が密集しているため、照射時の痛みも強くなるでしょう。

顔は薄い毛が多いので、痛みが少ないと考えがちです。しかし、メラニン色素が薄い分、出力を上げ、根気強くレーザーを照射しなければならないため、痛みを感じやすくなります。これらの部位を脱毛する時は、痛みに注意をしましょう。

医療脱毛は麻酔が使える

医療脱毛は脱毛サロンとは違う部分があり、それが麻酔を使えるということです。医療脱毛は、施術の際に麻酔を使うことができるので、場合によっては脱毛サロンよりも痛みを感じないで施術を行える可能性があります。

ただ、麻酔代は通常料金とは別で請求されることもあり、有料だと総額が高くなってしまうので注意しましょう。

横浜の医療脱毛で使える麻酔の種類を紹介

痛みに強い人でも、麻酔を使用することでより高い出力でレーザーを照射できるので、脱毛効果がアップします。ただ、一口に麻酔と言っても、麻酔には色々な種類があり、どれを使えば良いのか迷ってしまうことがあります。

また、脱毛の途中で麻酔を使用することは難しいので、施術前の段階で使用の申し出をすることが大切です。ここからは、医療脱毛で使える麻酔の種類や特徴を紹介しましょう。

笑気麻酔

笑気麻酔は、鼻から吸い込むガス麻酔です。亜酸化窒素と医療用酸素を混合した気体を吸い、痛みを感じにくくすることができます。笑気ガスを吸うことで、ほろ酔い気分に似たフワフワとした多幸感を味わうことができ、不安や恐怖心をやわらげることができます。

ただ、お酒に強いと笑気麻酔が効きにくいことがあるので、注意が必要です。笑気麻酔は、他の麻酔と違い脱毛の途中でも使用することができます。

麻酔テープ

麻酔テープとは、神経を一時的に麻痺させ、痛みを軽減させる薬剤がついた麻酔テープを皮膚に貼り、成分を浸透させて痛みを軽減させる方法です。ただ、皮膚につく薬剤の量が少なく、麻酔効果はあまり高くないようなので注意が必要です。

麻酔クリーム

麻酔クリームは塗るタイプの麻酔で、痛みを抑えたい箇所だけに塗って使用します。塗布してから30分経過しないと効果が現れないので、脱毛する前に塗布する必要があります。また、主成分のリドカインにアレルギーがある人は使用できないので注意しましょう。

静脈麻酔

鎮痛作用を有する化合物を点滴で体内に入れるのが、静脈麻酔です。静脈内に薬を入れることで、半分眠っているような状態を作りだし、不安や痛みを軽減することができます。

ただ、麻酔前には食事をとらない、当日の車の運転はできないなど、静脈麻酔をする時にはいくつか守らなければならないルールがあります。

痛みを軽減する方法とは

痛みの感じ方は、人それぞれ違っています。

中には、「横浜で医療脱毛をしても全然痛くなかった」という感想を抱く人もいるようです。痛みを軽減する方法を知れば、麻酔なしで施術を受けられる可能性もアップします。

ここからは、麻酔を使用せずに痛みを軽減する方法について紹介しましょう。

合わせて読む:横浜でvioの医療脱毛をするなら施術料金が安いところをチェック

肌の状態を整える

肌が乾燥していると、肌への負担が大きくなるだけでなく、施術の際に痛みを感じやすくなります。しっかりと保湿した状態で施術を受けることで、熱や光の刺激を感じにくくなり、痛みに強くなれます。肌の調子を整えるためには、保湿ケアだけでなく、バランスのとれた食事や、睡眠の質を上げることも大切になるでしょう。

肌の調子を整え、健康的な美肌を維持することにより、脱毛後に見た目も美しい理想のツルすべ肌を手に入れることができます。

日焼け対策をする

横浜のクリニックの医療脱毛で使うレーザーは、前述したように、メラニン(黒い色)をターゲットに脱毛をする仕組みとなっています。日焼けするとメラニンが増えて肌が黒くなり、レーザーの反応が過剰になって痛みが強くなってしまうのです。

そもそも、日焼けするとヤケドのリスクが高くなるので、施術を受けられない可能性も出てきてしまいます。脱毛期間中は、紫外線をできるだけ避け、日焼け止めやUVカットアイテムを活用するなど、日焼け対策を徹底的にしていきましょう。

合わせて読む:横浜のクリニックが実施している医療脱毛のキャンペーンにはどんなものがあるのか

脱毛の種類を変えてみる

医療脱毛の機械は、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザー、ダイオードレーザーなど色々な種類があります。この中のダイオードレーザーには2つの種類があり、毛根がターゲットのものと、バルジ領域がターゲットのものがあります。

バルジ領域とは「毛を生やせ」と発毛の指令を出す部分のことです。バルジ領域にダメージを与える方法は、毛根をターゲットにするのと比べ、施術時の痛みが少ないです。また、どうしても痛いのが嫌なら、医療脱毛よりも痛みがマイルドな脱毛サロンに通ったり、家庭用脱毛器に挑戦したりという方法もあります。

痛みを避けたいならば、脱毛の種類を変えてみるのも一つの方法です。

横浜で医療脱毛に挑戦しよう

医療脱毛は痛みが強いというデメリットがありますが、横浜の脱毛クリニックでは、麻酔を使用しながら施術を受けることができます。医療脱毛は非常に効果が高く、痛みさえ乗り越えれば、永久脱毛を実現できます。どうしても不安ならば、カウンセリング時に横浜の脱毛クリニックでテスト照射を受けてみましょう。

横浜にある脱毛クリニックに実際に足を運べば、痛みのシュミレーションや、麻酔の相性などを確認できます。

© 2021 医療脱毛info@横浜 Bluesand Theme